知らないと損する!任意売却のポイントについて

任意売却とはどんなもの?

住宅ローンの返済が困難となると、その債権は銀行から保証会社へ移ります。そこで一括返済を求められた上で、自宅は差し押さえられて競売にかけられて処分されます。残ったローンは返済の義務が残るので、家を失う上に借金が残るというわけです。それを回避するために自分で買い手を探すのが、任意売却です。

任意売却は自由に行える?

任意売却は自分で仲介業者を探して買い手を探す点では、通常の売却活動と同じです。ひとつ違うのは、債権者の許可を得なければ売却できないということです。これは売却金額でローン全てを払えないと、債権が残ってしまうからです。つまり、勝手に売却しようとしても、抵当権を解除してくれないので引き渡しができなくなります。まず最初に債権者に相談し、仲介業者の選定を行う必要があります。

残ったローンはどうなるの?

任意売却をしても、ローン全てを返済できないことがあります。通常の売却なら残りの残債は、他に借り入れるなどによって支払う必要があります。けれどもローンを滞納した時点で、そのような借り入れは不可能となります。そこで債権者との話し合いで、残債は分割で支払う契約を交わします。その交渉は任意売却を行う業者が行なってくれます。

任意売却はいつまでに行えば良い?

住宅ローンの一括返済を求められるということは、競売までのカウントダウンが始まるということです。任意売却もスタートが遅くなると、売却活動の期間は短くなります。けれども経験豊富な業者に頼むことで、競売の決定が下されてからも任意売却は可能です。ただし余裕を持って買い手を探すためには、早めに手を打つ必要があります。

任意売却とは、住宅ローン支払い困難者を救済する手段の一つです。住宅ローンが払えなくなった場合、競売は裁判所による強制的な手段であるのに対し、これは債務者の判断で行うことができる融通の利く手続きです。