ブロードバンド物件には種類が増えているってホント!?

昔ながらのブロードバンド物件の特徴

今となっては古い方式のブロードバンド物件として、ケーブルテレビ接続の賃貸物件があります。電波障害地域だった区域では、ケーブルテレビ経由でテレビ視聴を行なっていましたが、同じTV用同軸ケーブルに信号を流してインターネット接続も出来るようにした方法です。光配線方式の光回線が普及するまでの間は、人気のあったブロードバンド物件であり、オーナーにとってはテレビ環境とネット環境を同時にメンテナンスまで任せられるメリットがありました。近年は上り速度の遅さから光配線方式のインターネットにとって変わられています。

新しいブロードバンド物件はこうなっている

スマートフォンで使用するWi-Fi環境を構築するためには、双方向通信に適した光配線方式の光ファイバー回線が集合住宅でも必要となり、普及が進んでいます。オーナーが一括契約を行なうことにより、入居者は安くインターネットが利用できるだけでなく、オーナーは家賃を引き上げても入居者が入るようになるメリットを得られるわけです。転居時にインターネットが繋げない期間を短くするため、オーナー一括契約型が人気を集めています。

ブロードバンド物件選びは代替案に着目しよう

オーナー一括契約型の光配線方式では、LAN端子にケーブルを接続するだけですぐにインターネット接続が出来るようになっている物件が人気です。しかし、建物全体で共有する仕組みとなっていると、利用目的によっては通信できないケースがある点に注意しなければなりません。ブロードバンド物件であっても、別途光回線を引き込むことが出来るか確認しておくと良いでしょう。

電車の本数が多いメリットを活かして、駅から徒歩10分以内の物件に着目するのが、琴似の賃貸マンション探しの基本です。