店は第一印象が肝心!店舗デザインの重要性とは

店舗デザインが客を呼ぶ!?

店を運営するにあたって、店舗のデザインや雰囲気は重要な役割を担っています。なぜなら、多くの客はその店舗の外観から、店のコンセプトや方向性をイメージするからです。例えば、モノトーンの無機質な外観には都会的な雰囲気があり、自然や田舎をイメージする人は少ないでしょう。ナチュラル系のものを好む人にとっては、近づきがたい印象を抱く可能性もあります。また、キャラクターやポップな色柄にはキッズ向けのイメージがあり、シックな大人の雰囲気はありません。

人は基本的に自分の好みなどと合致するものに親しみを感じます。そういう意味では、客が店を選ぶと同時に、店舗デザインが客を呼んでいるとも言えるかもしれません。

店が目指す形を見極める

窓が少なく外から店内が見えない場合、初めての客には入りにくい印象を与えがちです。大きな看板を掲げない限り、何を扱う店なのか伝わらないこともあるでしょう。その一方で常連の客にとっては、隠れ家的な落ち着きある空間となることもあります。店舗のデザインや雰囲気を決めるにあたっては、その店が目指す形を明確にすることが重要です。

通りがかりの新規の客をたくさん呼び込みたい場合には、開放的な大きな窓や入口が有効となる可能性があります。逆に少人数の顧客を大切にしたい場合には、外と寸断された控えめなデザインでも問題ないでしょう。店が客とどのような関係を築きたいのか、これからどう発展させていきたいのか…。そこを見極めることが、店の運命を決めると言っても過言ではありません。

設置する予定の家具の種類や色彩に合わせて、内装デザインを決めるのが、快適な居住環境を実現するコツです。