売上にも関わってくる?店舗デザインをする上で重要なこととは

まずはコンセプトを明確にすることが大事

店舗デザインをする際には、まずはコンセプトを明確にする必要があります。どういったお店にしたいのか、明確なビジョンがなければ、方針すら決めることができません。可愛らしいお店にしたいのか、かっこいいお店にしたいのかで、デザインは大きく変わってきます。まずはお店の方針を決定するところから始めるのが一般的ですね。ターゲット層が明確になれば、それに合わせる形で大まかなデザインは自動的に決まってきます。若い女性向けのお店なら、ガーリーなデザインになるでしょうし、お年寄り向けなら落ち着いたシックな和風のデザインになる可能性が高くなります。まずお店の方針とビジョン、それに合ったコンセプトを立てることが重要になります。それさえ決まれば、後は楽ですね。

機能性と内装デザインのバランスを取ることも大事

コンセプトが決まってしまえば、後はそれに沿って最高のデザインを追い求めていけばいいだけです。ただし、あまりにもデザインに注力するあまりに機能性が犠牲になることは許されません。多少はいいかもしれませんが、お客さんやスタッフが使いにくいと思うようなデザインにすることは許されませんね。機能性を犠牲にすると、売上がダウンしてしまう結果にもなりかねません。お客さんが利用しやすく、スタッフが働きやすい機能性は維持したままで、デザインに凝るのがベストです。要は、バランスを取ることが重要になるわけです。両方を高いレベルで維持できるように、プロのデザイナーの方とよく相談をして店舗デザインは決定します。

内装工事は建物内の内装仕上げを行う事で壁張りや間仕切り工事、インテリア工事、たたみ工事などがあります。