初心者必見!一人暮らしの部屋探しのポイント

住みたいエリアを決める

一人暮らしの賃貸の部屋探しをする際は、家族暮らしやカップルの部屋探しとは違うポイントがあります。まず住みたいエリアについては、一人暮らしの場合は自分の都合だけで決めることができるため、学校や会社を起点として、できるだけそこへ通いやすいエリアを選ぶのがポイントになると言えるでしょう。通学や通勤は毎日のことなので、あまり遠すぎると移動時間や交通費が無駄になってしまうからです。なので、できるだけ近いエリアを選ぶのがベストだと言えますが、学校や会社が街の中心部にある場合は家賃も高くなってしまいます。ですので家賃を抑えたい場合は、交通アクセスの良い郊外を選ぶということも必要になるでしょう。

家賃はどれぐらいがいいか決める

次に家賃に関しては、一般的には収入の3割程度が目安とされています。しかし、継続して家賃を支払い続けるためには、まず生活費等いくらかかるのかということを考えることが必要になると言えるでしょう。ですので、実際には収入から生活費等を引いた額が家賃に充てられる額ということになります。そして、貯蓄をしたい場合は、少し余裕を持った家賃の設定をすることが必要になると言えるでしょう。

部屋の条件に優先順位を付ける

さらに部屋の条件に関しては、一人暮らしの場合だとワンルームか1Kという間取りを選ぶのが一般的ですが、余裕を持った間取りがいい場合は1DKや1LDKもよいでしょう。そしてバス・トイレ別やオートロック機能などの条件については、自分の求める条件に優先順位を付けた上で探すとスムーズな部屋探しができるようになります。

札幌市の中核を担っている中央区には、多くの企業や商業施設があります。そのため、集合住宅も多く札幌市中央区の賃貸物件は良い物件が揃っています。